「田舎暮らしへのあこがれ」    Iターンで田舎暮らし >  Iターンするまで >>  「田舎暮らしへのあこがれ」
「1.あこがれ」


社会人になってから、毎年、仲間と山梨県の八ヶ岳南麓に遊びに行った。


八ヶ岳、富士山、甲斐駒ケ岳の山々が美しく、たき火をしに行く尾白川の水も

とてもキレイだった。


木々の中で生活をしていると、自然と早起きになり、山や川で遊びまくった。

夜になると、山や川でたき火を囲んで、酒を飲み、普段都会の居酒屋では

語れないような話もすることが出来た。


「こんな場所に住みたい!」と思うようになっていた。


でも、知り合いも友達もいない場所に住むことなど出来ないだろうな、

とも感じていた。



社会人3年目の夏に一冊の本と出合った。

「週末・田舎人のすすめ」

という本だった。

「田舎に住めないのなら、通ってしまえばいいじゃないか。」

「都会で仕事して、田舎で週末を過ごせばいい。」

「二重生活は可能だし、楽しいよ。」


そんなコンセプトの本だった。ものすごく勇氣づけられた。

「オレだって、田舎に住めるかもしれない!」

そう思い始めた。

地方に住むことを 真剣に考え始めた。


田舎暮らし本や雑誌を買い集め、インターネットの田舎サイトで研究を始めた。

スポンサーリンク


「家が買えない!(1)」へ 続く 
スポンサーリンク

戻る 


Iターンで田舎暮らし |  Iターンするまで |  Iターンするには? |  田舎暮らし |  おすすめ本 |  リンク |  お金について考える 

 

(C)Copyright 2004-2015 ITURN.NET All rights reserved