「ウツだった日々(1)」    Iターンで田舎暮らし >  Iターンするまで >>  「ウツだった日々(1)」
「ウツだった日々(1)」

独身時代、
学校を卒業してからは、サラリーマン生活を順調にこなしつつ、
時が過ぎていった。

元々、物欲があまり無い人間だったので、お金は十分足りていたし、
自宅から通っていたから、生活に困るということもなかった。

幸いにも両親が元氣であり、まだ養う家族もいなかった。



27歳の時、ずっと前からの夢だった青年海外協力隊の試験を受けてみたら
合格することが出来た。

2年間をアフリカで過ごすことが出来た。

究極の田舎暮らしだ。

アフリカでの生活は、別の機会に詳しく書きたいと思う。

辛いこともたくさんあったが、とても良い経験が出来た。



アフリカの広い空の下で2年間の生活を終えて、
帰国後、「逆カルチャーショック」が僕を襲った。



ギューギューの満員電車。

コンクリートだらけの街。

セカセカと歩いていく人たち。

他人を氣にしない人たち。

冷たい目。

小さくて暗い空。



この場所は住みづらいなと思った。



もうひとつの逆カルチャーショックは仕事。

3年前までは、ホスト・コンピューター、オフィス・コンピューターが
主流だったのに、みんなパソコンに変わってしまった。



慣れないWindowsの操作。

ワークスタイルも変わった。

一緒に働くヒトも変わった。

上司も変わった。

お客さんも変わった。

何もかもが変わり、精神的に疲れが出てきた。

スポンサーリンク


「ウツだった日々(2)」へ 続く 

スポンサーリンク

戻る 


Iターンで田舎暮らし |  Iターンするまで |  Iターンするには? |  田舎暮らし |  おすすめ本 |  リンク |  お金について考える 


(C)Copyright 2004-2015 ITURN.NET All rights reserved