「家族の説得」    Iターンで田舎暮らし >  Iターンするまで >>  「家族の説得」
「家族の説得」

田舎での仕事のメドが立ち、田舎暮らしが現実的になってきた。

次は家族の説得だ。



当時は、横浜のアパートに住んでいて、長男は2歳、次男はお腹の中にいた。

最初は妻に話した。

実は結婚前に、プロポーズをした時、
「たぶん自分は将来、田舎に住むと思う。
神奈川県を離れることになると思うけど、大丈夫?」と言っておいた。

なので、妻はいつか田舎に移住することを覚悟していたようだ。



この頃は僕の精神状態も悪かったので、話を切り出すと、
「今より状態がよくなるのであれば、田舎に行ってもよいよ」
とあっさり了承してくれた。

でも、長男が産まれて、育児つながりで近所にたくさんの友達が出来て
いたので、妻としても横浜を離れるのはツラかっただろうなと思う。



僕の場合、子供が小さかったので、転校などの問題がなかったのは幸いだった。



そして、両親。

僕の両親は、僕が一度決めたらテコでも動かないことを知っていたので、
あまりゴチャゴチャとは言わなかった。

ただ、僕の親父は田舎出身なので、田舎での人間関係のわずらわしさで
苦しんだようで、それだけは覚悟しておくように、と忠告してくれた。

僕は次男だけれど、妻と両親が良い関係なので、将来は一緒に住みたかった
のかもしれない。



妻の両親には、ちゃんと話をした。

田舎に移住する理由を話し、収入的にも問題ないことを説明すると、
少し安心してくれたようだった。

妻には兄姉夫婦が両親の近所にいるので、あまり心配がなかった点も恵まれていたと思う。

家族・親類は何とかなったが、困ったのは会社だった。

スポンサーリンク


「会社 辞めます」へ 続く 

スポンサーリンク

戻る 


Iターンで田舎暮らし |  Iターンするまで |  Iターンするには? |  田舎暮らし |  おすすめ本 |  リンク |  お金について考える 


(C)Copyright 2004-2015 ITURN.NET All rights reserved