「田舎暮らし始まる」    Iターンで田舎暮らし >  Iターンするまで >>  「田舎暮らし始まる」
「田舎暮らし始まる」

引越しが終わり、田舎暮らしが始まった。



僕は転職&Iターンで山梨に移って来て、転職の間を一日も空けなかった。

6/20に前の会社で退職の挨拶をして、
6/21に新しい会社の就職の挨拶をした。

本当は1ヶ月くらいの休暇を取っても良かったのだが、前の会社では「ウツ」の時に、 有給休暇を使い切ってしまっていたし、退職と就職の間があくと、社会保険の手続きなど 面倒なことが多そうだったので、休みを取らずにそのまま働き始めたのだ。



転職して、最初の1ヶ月くらいは、まるっきり新入社員のようだった。

コンピュータ以外のことは、右も左もわからないから、全て教えてもらいながら
仕事を覚えていかなければいけない。

知っているヒトもいないし、同期もいない、ご近所さんもいない。



普通なら、かなりのストレスになるところだが、僕はとても元氣だった。

「転職」という、リセット感覚で「はればれ」とした氣分も確かにあった。

けれど、それよりも何よりも、周りの景色が僕を元氣にしてくれたのだと思う。



朝は、たくさんの鳥の鳴き声に囲まれて目覚める。

カーテンを開けると、窓の外には、田んぼが広がっている。

思わず、サンダルをはいて外に出る。

クルマも通らないし、人も通らない。

田んぼの向こうには「富士山」が見える。



散歩から帰ってきて、ちゃんと朝ゴハンを食べる。

出勤は、大好きな「八ヶ岳」に向かってクルマを走らせる。

その間、青々とした田んぼの中の一本道を、好きな音楽を聴きながら
「ビューン」と走っていく。

職場に近づいてくると、まだ雪が残る「甲斐駒ケ岳」が顔を出す。

南アルプスから流れ込む美しい川を渡って、職場に着く。



転職してすぐは、切羽詰った仕事があまり無いし、家の整理や手続きが
たくさんあるので、だいたい定時の6時には帰っていた。

帰りは、夕暮れの山を見ながらの帰宅となる。

家に帰ると、やらなければいけないことが たくさんあったけれど
全く苦にはならなかった。

この地に移住できたこと、この地が予想どおりに元氣を与えてくれたことで
満足だったのだ。



「やっぱりIターンは正解だった」

これから、妻の出産を控えて、大変な時期になるのだけれど
僕にとっては不安材料は何もなかった。



こんな感じで僕の田舎暮らしは始まった。

しかし、妻の心境は複雑だったようだ。

スポンサーリンク


「妻のとまどい(1)」へ 続く 

スポンサーリンク

戻る 


Iターンで田舎暮らし |  Iターンするまで |  Iターンするには? |  田舎暮らし |  おすすめ本 |  リンク |  お金について考える 


(C)Copyright 2004-2015 ITURN.NET All rights reserved