「冬支度をしなくちゃ」    Iターンで田舎暮らし >  Iターンするまで >>  「冬支度をしなくちゃ」
「冬支度をしなくちゃ」

次男が産まれたのは10月だった。

10月になると、朝晩の冷えこみがキツくなってくる。

山梨は寒い。
夏は横浜並みに暑いのに、冬は寒い。
(この環境のキビしさが、人口が少ない理由なんだろうけど。。。)

遅い時間に、誰もいない家に帰ってくると、寒さが身にしみる。
この寒い環境で 赤ちゃんを育てるのだから、冬支度が必要になる。

ただでさえ、不便な田舎暮らしなのだから、家の中くらいは快適にしてあげたい。

家族が帰ってくる前に、何とかしなくては。。。



暖房器具は、横浜で使っていた石油ファンヒーターがあった。

灯油を燃やして、暖かい風が吹いてくるタイプのヒーターだけど、
小さくて、この寒さでは明らかにパワー不足だ。
1時間くらいしないと部屋が暖まらない。



借家には、エアコンが付いていた。

でも、僕はエアコンがキライだ。
冷やすエアコンも、暖めるエアコンもキライ。

夏はエアコンが原因ですぐにカゼをひいてしまうし、
冬はあの熱い風が、どうにも体に合わない。



そこで、量販店に行って、暖房器具を見て回ることにした。

電気式では、限界があるから、石油型。
山梨では大きな石油タンクを家の外に設置するタイプが多く見られる。

でも、借家なので工事が出来ないから、着脱可能なタンクを持ったタイプで
大きめのストーブを探した。

なかなか「これ」というものが見つからない。



5件目に行った電気屋で、大きい石油ストーブを見つけた。
パワーも申し分なさそうだし、見た目もとても氣に入ってしまった。

値段が高いのが少し氣になったけど、「安かろう悪かろう」のストーブで
後で苦労するよりはいいだろう、と思い、その場で買った。



もう一つの問題は「結露」だった。

借りていた家は 元々夏暮らしを考えて作られた家のようで、
2重窓でもなかったし、家の断熱性もあまりなかった。
寒くなると、窓のサッシに結露がビッシリだった。

「断熱シート」を張ろうかなとも思ったけど、窓の外が見えなくなるので、
サッシに新聞紙を置くくらいのことしか出来なかった。

後々、サッシを支える木の部分がカビて、腐ってきてしまった。
(家を出るとき、大家さんと問題になった)

結露については、
「この土地に家を建てるときには注意しなきゃ」
と思った点だった。



こうして10月中に着々と、冬支度を整えていたのだけれど、
家族は 年内には帰って来なかった。。。

スポンサーリンク


「帰省」へ 続く 

スポンサーリンク

戻る 


Iターンで田舎暮らし |  Iターンするまで |  Iターンするには? |  田舎暮らし |  おすすめ本 |  リンク |  お金について考える 


(C)Copyright 2004-2015 ITURN.NET All rights reserved